2月 102016
 

無印良品のFound MUJI青山にいってみたら、「Found MUJI Sweden」というのをやってました。
初日には、セムラのふるまいがあったんです〜。はじめてセムラなるものを食しました。
semla
セムラといえば、私的にはSの発音が苦手な私立探偵トーレ・スベントンのことが思い浮かぶのでした。
Exif_JPEG_PICTURE
“Ture Sventon,privatdetektiv” Åke Holmberg(オーケ・ホルムベリイ著) 初版1948年というスウェーデンの児童向けの読み物。
日本では1971年に講談社から「迷探偵スベントン登場」というタイトルで、なんと眉村卓の訳、そしてさらになんとなんと湯村輝彦の挿し絵で出ていました。

オバケダイガク2008年3月号(御徒町の吉池スーパーのレジ袋にのってる美女が表紙です)をもしお持ちでしたら、ご参照ください。
セムラとは?
スウェーデンで、復活祭前の断食に入る間に食べる栄養価の高いお菓子。現在では断食はやってないですが、セムラを食べる習慣は残っているようです。
Exif_JPEG_PICTURE
見かけは、シュークリームのようですが、結構違います!
カルダモン(インドのチャイなどに入ってる香辛料。すーっとするような不思議なにおい)の入った丸いパンを上下に切り分けて、その間にマンデルマッサ(マジパン:つまりアーモンド粉、砂糖、卵白を練ったもの)と生クリームをどっさりとはさんだもの。
これ、日本の人たちが好きかというと、どうなんでしょうねえ。カルダモンの生姜っぽいかおりが、好みをわけるような。

さきほど画像検索していたら、こんなわっかりやす〜い写真が出てきやした!大好物のテムラにかじりつくスベントン氏。どうやらテレビドラマ化されてるみたいですねえ。
まぎらわしくて申し訳ありませんが、セムラ、という発音も舌がまわらないので、テムラ、に変化します。
ture-sventon-temla-jpg

9月 182015
 

イミグレーション・ミュージアム・東京 ―普段着のできごと―
という展示に参加しています。

イミグレーションというのは海外からの移民、という意味です。
imm1

9月5日(土)〜9月23日(水・祝)(土日・祝日のみ開催) 10:00〜19:00
会場は、東京都足立区千住曙町3-17 元食堂(2階は住居だった)を改装してやってますよ!
牛田駅の横にマクドナルドがあるんですが、その並びです。

アクセス:京成関屋駅徒歩30秒(京成本線)、牛田駅徒歩30秒(東武スカイツリーライン)
北千住駅より徒歩13分(JR常磐線/東京メトロ千代田線・日比谷線/東武スカイツリーライン/つくばエクスプレス)

私は《北千住多国籍会議》というのに加わりました。中国から移ってこられた30才の女性のかたに、普段歩いている北千住の町を案内していただきました。雑談しながらの町歩きの報告です。北千住型のテーブルがあります。北千住は、隅田川と荒川にはさまれた中洲ちゅうんですかね、パリでいうとシテ島みたいなかんじで川にかこまれています。そんな北千住の地図にみなさんお持ちの情報をかきこんでくださいね!
imm2

9/20(日)22(火・祝)は韓国からの留学生・現代音楽のプレイヤー、イムさんのピアノの即興演奏があります。ここにアップライトのピアノを持ち込んで。ふたを開けての演奏もあるといううわさです!たのしみ。10時/14時/16時(各回30分程度)
imm4
imm5
imm6

imm7

http://www.immigration-museum-tokyo.org/news.html

7月 212015
 

先月から木、金は国会前、先週は毎日国会前にいました。なぜかというと〝平和安全法制〟という法律の成立に反対しているからです。国会前のデモに参加している、と知人に話すと、なんのデモですか?ときかれたり、地元の田舎の駅前でプラカードを持って立っていると、子供に何してるの?ときかれたりするので、この機会にどういう意思をあらわしているのか、書きだしておこうと思います。

私が参加しているデモでは「憲法を守れ」「九条を守れ」というコールがあります。私、憲法を変えたほうがいいという人の意見もききたいと思ってるからどうしたらいいんだろう、と友人にいったところ、この場合、公務員[総理大臣]は憲法に従え、という意味じゃないの?という指摘を受けました。公務員はその仕事につくいっとう最初に日本国憲法を遵守するという宣誓をするんだそうです。「憲法を守れ」というのは、憲法を壊そうとしている人からガードするという意味もあるかと思いますが、憲法は権力をしばるもの、という意味もあるのだと。九条の会のかたがデモにはいらっしゃるので、そっちばっかりに気がいってました。

同じく「戦争反対」というコールも。戦争はないほうがいいとは思うけれども、自衛隊は軍隊にするべきだとか、重軍備にして抑止力が必要という人もあるけど、戦争を起こさないために要るっつーなら、意見をぜひうかがいたいと思っています。
でも外国との利害の衝突を戦争を起こさず解決するために、表から裏から手をつくしてもらうために、総理大臣や外交官には高給を払っとるわけやから、もっともっと手腕を発揮してもらいたい、と思います。

と、そういうハナシをしたいのに、今回の法案が通ってしまうということは、日本が法治国家でなくなるということになるんです。どうしても〝平和安全法制〟を推し進めるなら、憲法を変える方が先でしょうよ。中国が攻めてくる、時間がないという方もいらっしゃいますが。

自民党の政策に同意するとか反対するといいたいわけじゃなくて、こんな大事な法案を議論不十分なまま強行採決するのはスジが通ってないといいたいだけです。

その一点では利害関係が一致しないという人、いるんかなー。法治国家でなくなりたい人。

創価学会の人は、公明党に投じることで、功徳になるとききました。功徳といわれたら、困りましたね。
でも法治国家でなくなったら、信仰の自由も侵されますし。
おとといの埼玉の大宮での高校生が主催するデモでは、赤黄青の創価学会の三色旗を持っている人もいらっしゃったので、違う考えの方も徐々に増えてるんだろうと思います。

自分一人ではデモを起こす気力も時間もないので、100%自分の意見と一致してはいませんが、SEALDsや共産党や九条の会のデモにのっからせてもらっています。利用できるもんは利用したらいいんです。

【首相は現行憲法に従え】という、今回はこの一点のみです、私の主張は。なんでこんな当たり前のことを往復3時間かけて電車賃1200円かけていいにいかねばならないのか、不毛すぎてつらいけどね。まあ、留学先のオーストラリアから緊急帰国してとか、名古屋から車に乗り合ってとか、フットワーク軽い人は軽いからな〜。

デモにいくひまがない、自分の意見と合うデモをやってない、デモとかやっても無駄だと思う人は、地元の議員に電話するとか、自宅のドアに自分の意見をかいてはりつけるとか、辻説法するとか、家族や友人や近所や職場の人とざっくばらんに話し合うとか、この際いろんな意思表明、したほうがいい!

今の状況、シランカッタではえらい目にあいますですよ。。。

私は携帯電話を持っていないので、すぐにネットで調べたり、発信したりしないというか、できないので、つながりっぱなしの日々を生きるのはしんどそうやな、と思います。
たまにはインターネットを手放して、図書館や町に出て人にきいたりして、自分の力で調べたことを、楽観的に、遠慮せずに紙にかいて配ってみたらいいですよ。自分のアホさもわかるしね。
ネットで一円もかけずに一歩も歩かずに仕入れた情報を切り貼りして、自分の主張とされても説得力がなさすぎて。ぜひ、現場に行って、自分で取材したことを発信して欲しいなー。そういうのもっと読みたい!

6月 022015
 

東京・墨田区の玉ノ井カフェ.に納品に行ってまいりました。
東武スカイツリーラインの東向島駅が最寄りなんですが、当方、電車賃をけちったカンケーで、三駅離れた牛田駅からちんたら歩いてみましたよ。隅田川と荒川が合流しそうで合流しない細いとこを通りぬけ(墨堤通り)、鐘紡の前通って、災害時には巨大な防火壁(というけれど、私には防潮堤にみえる)になるという白髭の団地をみながら、左折して鐘ケ淵駅。

こっから細い道を逍遥。うっかりして写真撮り忘れたので、某所から拝借。黄桜のワンカップの自販機がありました。カッパの絵をかかれた小島功さんお亡くなりになりました。今年の4月。
kizakuraimg_0
このまま細い通りを迷いながら、玉ノ井カフェ.に到着。
Exif_JPEG_PICTURE
押上の甘夏書店さんの古本や、ブックカバー売ってますよー。
Exif_JPEG_PICTURE
売り切れたはずのあの号もあったりします。
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
そして、納品作業完了後。東向島駅へ。駅前ではこのあたりの伝統野菜「寺島なす」が植えられていましたよ。
Exif_JPEG_PICTUREクリックすると少し拡大した写真が出ます。
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
東武博物館ってのと向島百花園なんてのも近いのです。
Exif_JPEG_PICTURE
そして、東向島といえば、数年来気になっていた納豆屋さんを訪ねてみたところ、既に新しいお宅が建っており、納豆工場はみあたりませんでした。
いろは食品の納豆の包み。かわいいんですよー。千葉・松戸の相模屋という豆腐屋さん(ここの豆腐もうまいでっす)で購入したんですよ。もう何年たったことやら。すぐさま行動に移るべきでした。
Exif_JPEG_PICTURE

12月 242014
 

あいにく北本は未知なので、隣駅の桶川のスポットを。
旧中山道の桶川宿には宿場町の風情かなり残っています。うどん屋何軒もあります。松屋とか。なかなかシブイ店構えです。
伊勢宗と、もう一軒、布彦という相当歴史ありそな陶器屋もあります。
それからブラッドベリというクラフトのお店、懐古堂というソフビ人形などを売ってる店あります。
あとー、中山道から駅に戻る途中に栄屋という餅屋があって、ここがもう、バリバリうまかとです。包装紙もかわいい。資生堂のデザイナーだった方に頼んだのだそうです。
以前の記事【塩あんびん餅】

ちなみに、桶川から北本アトリエハウスへのアクセスは、桶川駅西口から、北里大学メディカルセンターゆきのバスもあります。しかし本数少ないです。*印のついてるのじゃないとメディカルセンターまで行きませんのでご注意。http://www.asahibus.jp/html/time/oke01_20131205.pdf

8月 092014
 

Exif_JPEG_PICTURE
8/4のつづきです)そんなこんなでシカクにたどりつき、さっそく小誌の販売をお願いしてまいりました。大阪の皆様、どうぞよろしく〜!

そして、シカクさんのおすすめで近くにエフロノットというヘブライ雑貨と文房具のお店があるよ、と教えていただき、さっそくいってみました。

ヘブライ雑貨の店で買うものったらやはり、ヘブライ語のテンプレートでしょ!
いやー、実をいいますと、私、テンプレート大好きでありまして、そ、そ、そうだ!物流定規なるものが東京の文房具屋で売ってたというウワサも訊いてはおるんですが、どうにも使い途が思いつかず、もうこれ以上使うかどうかわからぬものを増やすのはどうなんだろうと躊躇していたんですがねえ。
1-843-0802
しかし、TOPの画像「ヘブライ語のテンプレ」をご覧ください。日本語に比べて、な〜んか左右反転してる感に魅かれてつい買うてしまいましたよ。
えーっと、母音はもともと表記しないらしいのです。のちのち、子音を表記する記号がつくられたんだそうです。
えー、子音なし。雰囲気でわかんなきゃなんでしょか。
ヘブライモジ
オバケダイガクってかいたつもりです。右から左に書くんだそうです。
あってるんですかね。ウボカデアギカともよめるということになりますよね。ふっふっふっ。

さあて、そろそろ帰ろうかと思ったところ店長さんよりこっちに鉛筆の展示アリマスヨと導かれました。
Exif_JPEG_PICTURE
▲うほ!ティンクルちゃんじゃん。ひさしぶり!
Exif_JPEG_PICTURE
▲コーリン鉛筆って、かいてるとき若干ひっかかるかんじがしてました。しかし、アノさんかくの顔のマークがやや不気味で大好きで、みかけるとつい買ってたなあ。小学生の時、掃除当番で校庭の片隅にあるゴミ焼却炉の係っていう単調な小学校生活のなかでは夢のような仕事があってですね。燃やしたあとの灰をかきだしたりしてたんですけど、するってえと、鉛筆の芯てのは燃えないんですね。それをひたすら集めてました。そしてそれをコンパスに装着して円をかき、これはうむ、ひっかかる。コーリンに違いねえ!とか推理したりしてたなあ。
Exif_JPEG_PICTURE
▲こ、この什器は、と、特注にちがいない!
Exif_JPEG_PICTURE
▲小さいほうの鉛筆型の什器はドイツで使われていたものだそうで、その真似っこでケース売りサイズにしたでっかいほうが日本製。
Exif_JPEG_PICTURE
▲戦前の日本製の鉛筆はドイツのものを真似していたので、色づかいがカラフルだったんだそうです。
Exif_JPEG_PICTURE
▲鉛筆の自動販売機。お金いれるところの下の穴ぼこに買った鉛筆をつきさすと削れるのでございやす。豆電球に灯りがともってる間、削れたりするんでしょうか?
Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE
▲トンボのシャープの替芯用の什器。あけるとな〜んとオルゴオルのひびきが。曲目はもち「赤とんぼ」じゃ〜!
Exif_JPEG_PICTURE
▲万年カレンダーのコレクションもあっただよ。
Exif_JPEG_PICTURE
▲パナソニックの万年カレンダーつきラジオ。パナソニックということは最近のモンなんですか?と問うたところ、アメリカ輸出用のナショナル製品にはPanasonicというロゴをつけて売ってたとのこと。シランかった〜!
Exif_JPEG_PICTURE
▲万年カレンダーつきの鉛筆削りナノダ!
Exif_JPEG_PICTURE
▲お土産に、このようなスタンプを押し放題なのだ!さすが大大阪、スゴカバイ!
しんちゃん
▲信用金庫のしんちゃん、です。

なぜ、ヘブライ。終電が近づいてしまって、ききそびれたことばかり。そしてやはりあの新御堂筋翁のモーセ疑惑。
現在のイスラエルというと、たいへんなことになってます。毎日のニュースがつらいですが、これを機会にヘブライのこともっと知りたいです。

鉛筆にとりつかれている空間。ぜひ「大阪へどうぞ」。

8月 042014
 

大阪へ行ってきた。青゛春゛1゛8゛き゛っ゛ぷ゛にて。
大阪といえばマネーの虎でいうところのノシアス社長だ。ノシアスとはsaisonグループに憧れたナントカ社長がsaisonを逆から読んだネーミングなのだ。彼のきめゼリフが、そう、「大阪へどうぞ」なのです。
大阪、シランのですよ。ほんとにそれくらいしか。ひどい。。。

そんな非大阪者の私には大阪のおの字も語る資格などない。
そんなのわかってます!

それでも大阪に丸腰で降り立ちました。
地図帳&シカク月報(店の詳細地図有り)をねえ、家(埼玉)に置いてきちまったんですよ。どーしてもおんなじ地図帳をもう一冊買う気になれず、すんませんけど、本屋で立ち読みして頭に叩き込んだつもりが、なんだか迷い込んでしまいました。
それなのに電車代までケチって大阪駅から歩こうとして。なにを思ったのか、大阪駅のいっこ東の天満駅から歩いたほうが近いのではという、これまたテキトーな思い違いで、ど〜にも、たどりつかない。

目的地は大阪は中津商店街にある「シカク」。インディーズの出版物を扱っている店なのだ。
小生の冊子を置いてはもらえまいかという魂胆での営業でR。

しかし、行く人、行く人、きいてみても、こっから歩いていくん。遠いで。だいたいの方向でいうとあっちやで。
とのこと。どうやらどんどん外れて行ってしまったらしい。なぜだか鉄道の駅(こうなったらもうどの駅でもいいのに)にもたどりつかない。
な、な、なんと、同じ道に戻ってきてしまったのが一度ならず!
今さら、タクシーのったら、地図代、電車代ケチるつもりがとんだ大出費だ。

ひくにひけず、炎天下、大荷物背負って(コインロッカーまでケチっただよ)、歩き回ること2時間。
歩いている人に道を尋ねる。一体どこへ行くん?なぜか皆きく。中津3丁目です、といっても、ナカツ?ってナカツのこと?(イントネーションが違うらしい)そんな3丁目とかいわれてもシランわ。といわれまくり。
札幌なら、あるいは京都ならその方が通じる気がするけど。大阪ではそんな抽象的な言い方は通じません。ははは!

しかしピシャリ、「シカク」への一本道を教えてくれた翁があらわれたのです。奇跡!
その指先が指し示す一本道にシカクが面する商店街の入り口があったんですよ。いや、ほんとに。モーセだったんですかね。
鶴野町北という交差点が高架の新御堂筋の下にありまして、そこから遠くにかすんで見えるいっこ先の信号を指差し、あれを左折や。とのこと。
つまり豊崎2丁目という交差点が分岐点だったのです。私にとっては。
こんなタクシーのドライバーかと思うよな抽象的思考可能(?)な翁も、やはりいったいどこに行くん?どっから来た?と質問の嵐。
シカクという本屋に行きたいのです。埼玉から来ました。と答えたらそりゃあもう田舎者扱いだす。シカクが田舎なワケではありません。埼玉がでしょう。埼玉の人、ごめん。悪評ふりまいてきたかもしれん。(つづく)
osakamap

12月 022013
 

ジュンク堂吉祥寺店6Fの雑誌売場>カルチャー>絶滅>「トマソン社」コーナー、遅ればせながら行ってまいりました。トマソン社フェアは10月末までとのことでしたが、只今延長中のようです。
その書棚に、書店員さんがかかれたとおもわれる文言が貼ってありましたのでご紹介しましょう。

書籍も雑誌もいつか滅びてしまう文化なのか。もしそうであるとしても、この絶滅の淵で最後まで踏み留まり作り続けるという人たちのための「絶滅に立ち向かう書棚」

トマソン社取扱のいろいろな書籍が置いてありますよー。ぜひいってみてください。

以前の記事:http://obakedaigaku.net/?p=1319

11月 122013
 

たいへん申し訳ございませんが、11月14日(木)は急にお休みになってしまいました。


喫茶名店街 と喫茶十二ヶ月 とその他の喫茶版画
〜石井信久 木版画展〜
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
11月16日(土)東京・中野のウナ・カメラ・リーベラにて、純喫茶をテーマにしたイベントが行われます。
この日は、カフェビストロ・キプフェルのシェフによる喫茶メニューを楽しみつつ、時々ゲスト(ブログ「純喫茶コレクション」の難波里奈さん、新宿らんぶる店長、祖師谷大蔵「皆川珈琲」焙煎人・皆川真理子さん)がやってきて喫茶にまつわる話をしたり、、、という趣向のようです。

そしてその背景に木版画家・石井信久の喫茶店をテーマにした作品の展示をすることになりました。
版画は、11月12日(火)から17日(日)まで展示します。20数点並べております。
恐れ入りますが、カフェでの展示ですのでワンオーダーお願いいたします。

場所/ウナ・カメラ・リーベラ(という店主が日替わりで変わるカフェ)
中野区中野2-12-5-101 03-5340-8289

日時/11月12日(火)~17日(日)
(イベント本体は16日(土)です。)
12:00~20:30(火水木)
12:00~22:00(金土日)
(カフェの営業時間に準じます。詳しくはhttp://unacame.jimdo.com/スケジュール/
詳細はカフェビストロ・キプフェルのサイトをご覧ください。

10月 202013
 

横浜市・保土ヶ谷の「トロンボ」というとても素敵な喫茶店(昭和38年創業)が10月いっぱいで閉店するとのことで。
わたくし、なんとか偶然すべりこみで行くことが出来ました。
JR保土ヶ谷駅東口でて右に進むとすぐです。
日曜定休で9時から6時半まで開けているそうです。

国道1号線(東海道)を行くトラックの波を素敵すぎるカーテンごしにながめながら。
コーヒー、とってもおいしかったです。

そして、壁にかかった電話番号簿の年季!
このテのあいうえおでひく住所録というか、電話番号録というか、どっかの文具店でデッドストックを探してぜひ我が家の電話機横にも備えたいものです。写真を撮らせていただいたので、ぜひ後日アップしたいと思いますが、取り急ぎお知らせまで。

http://tabelog.com/kanagawa/A1403/A140301/14015526/

9月 242013
 


ミニコミ誌の通販や、イベントでの販売、本にまつわる本『BOOK5』の制作をしていらっしゃる「トマソン社」のフェアが、ジュンク堂吉祥寺店で開催中です。10月末まで。
『BOOK5』のバックナンバー、一斉にそろってますね!夕タンさんの表紙、ずらり並べてかわいいなあ。
オバケ〜も並んでいるらしー。行ってみます!
http://blog.tomasonsha.com/?eid=282254

7月 242013
 

TPPについて他の番組ではなにもいわないので、J-WAVEをきいてみるとしよう。一ヶ月ぶりに出演の堤未果のJAM THE WORLDは今夜ですよん。
20:00-21:50 81.3MHz
・米韓FTAからみるTPPの危険について
・20:55〜 立教大学 郭洋春教授
関東でしかきけないのかなあ。録音しとくので圏外にいるのできけないという方は相談にのりまする。
コミュニティFMでネットしているところはいくつかあるみたい。ざっと調べたところ、帯広・十勝のFM-JAGA、酒田FM、浜松FM Haro!など。