8月 092013
 

201308
・今号の表紙は横浜市神奈川区大口通商店街の日本堂ベーカリーの冠猫より拝借しました。
・DEKITAKUNAIのそのこころ第5回は、音楽評論家の故・大里俊晴氏からもらった広辞苑にかきこまれた痕跡をたどりつつ、あまりの暑さに対抗して冷やしたぬきそばの思い出を。
・その昔まな板には足があったとさ第18回は、古くからの工業地帯である埼玉県川口市を歩き、近代の「夢」について考えてみたりして。
・レタリング保存協会第29回は、2013年5月で閉店した埼玉県川口市の銭湯・さいわい湯の中や外壁で採取した文字を集めました。

B6/16頁/¥200 です。

模索舎(東京都新宿区新宿2-4-9)
・栄真堂書店(東京都葛飾区亀有駅北口前)
古書ほうろう(東京都文京区千駄木3-25-5)
ブックギャラリー ポポタム(東京都豊島区西池袋2-15-17)
Lilmag(日本から海外からのさまざまなZINEを中心としたオンラインショップ)
トマソン社(ミニコミ・リトルプレス・同人誌・少部数出版の通販ショップ)
の各店で販売中です。よろしくお願いします。

  3 Responses to “オバケダイガク 2013年8月号”

  1. おお〜い、届きました!ありがとうございます!青い冠猫さんの眼光にタジタジです‥。さいわいの湯の看板も保存されててよかった!!また改めて感想書きますね。

  2. さいわい湯の番台のご主人の声がね、印象的で忘れらんないんですよ。なんていうかお仕事中はやや高めの声で、遠くに向かって発してる声でね。高い天井の脱衣所になんともよい響きでした。

  3. […] 2013年8月号の内容: ・今号の表紙は横浜市神奈川区大口通商店街の日本堂ベーカリーの冠猫より拝借しました。 ・DEKITAKUNAIのそのこころ第5回は、音楽評論家の故・大里俊晴氏からもらった広辞苑にかきこまれた痕跡をたどりつつ、あまりの暑さに対抗して冷やしたぬきそばの思い出を。 ・その昔まな板には足があったとさ第18回は、古くからの工業地帯である埼玉県川口市を歩き、近代の「夢」について考えてみたりして。 ・レタリング保存協会第29回は、2013年5月で閉店した埼玉県川口市の銭湯・さいわい湯の中や外壁で採取した文字を集めました。(ブログより) […]

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>