3月 272016
 

3月20日(日)埼玉県蕨市の蕨市民公園で行われた、クルド民族の新年を祝うお祭り「ネウロズ」に行ってきました。
蕨近辺はクルド人が多く住んでいる地域なのです。が、公園についてみると、それにしても大勢です。みんな輪になって踊ってます!たのしい!女性の衣装はキラキラでとってもきれい。
002
003
004
005
この背後にはこのたのしい祭りを借景?に、日本のおっさんグループ(瓶ビールの通い箱をひっくり返したのに板渡して、テーブルなどちゃーんとこしらえて、白鶴まるの紙パックなどがならんでおりました)や、ひとりでふらっと来てるおっさんや私なんかが、飲み食いしておるわけです。
踊りの輪に加わってみたいけれど、ステップがよくわからない…。
006

ネウロズとは?と舞台にはってあるポスターに解説があったので、抜き書きしてみましょう。

有名な叙情詩人フェルドスィーの著したシャー・ナーメ《王書:980(?)ー1010年に完成》によれば、残虐なアッシリア人の王デハクの両肩に2匹の蛇が生えてしまった。

その蛇たちに毎日2人のクルド人の若者の脳みそを与えることが、デハクを支配下に置こうとする悪魔の薦めだった。そして毎日2人のクルド人青年の脳みそがこの蛇たちに与えられたのである。

しかし良心を持つ幾人かが、ある言い伝えによれば鍛冶屋のカワがしばらくして後に2人の脳みそとして代わりに屠った動物の脳みそを差し出し、デハクの弾圧をしのごうとする。

街から逃げ出した者たちは若者たちを山に送った。そしてこの山に集められた若者たちがクルド民族となったのであった。

鍛冶屋のカワも、デハクの両肩の蛇たちに脳みそを食べられた17人のクルド人青年の父親であった。18人目の息子を救う為にデハクの城に押し入り、シャー・ナーメによれば、カワは城から出て行く時に黄・赤・緑色に染めた皮のエプロンを反乱の旗として使った。

反乱はカワたちの勝利に終わり、指導権はフェリドゥン(メディアの王)へと引き渡された。

メディア王国が敗北の後、この三色の旗はイランに持ち込まれしばらくの間隠されていた。

イスラームの時代まで移り変わる王朝は、様々な宝石と共に旗を飾る。

イスラームの拡大と共に、旗の上に飾られたものは戦利品として兵たちに分け与えられ、旗は焼かれた。

ネウロズの祝祭は異なる形で時代を経過しても、幾つかの点で共通する意味はこういうことである。ひとつめはネウロズは2616年の年月を経た最も古い自由の為の祝祭であるということ。2つめはクルド民族の鍛冶屋のカワの指導により蛮行・搾取・弾圧に対し、反乱を起こした日であるということ。3つめはネウロズの反乱と自由の火は他の虐げられ、搾取された民族をも包み込み、世界的なものになったということ。以下続く…

3つめの、他の虐げられた民族をも包み込み、ってとこが、器が大きくてすばらしい文言だなーと感激しました。

001

ということは、ネウロズの火というのには、特別な意味が大有りなんですねえ。
ちなみにインターネットで、ネウロズと検索すると、盛大な炎の写真がいっぱい出てきます。
このありがたい火であぶった肉を小麦粉でできた薄いパンみたいのに、野菜とともに巻かれている食べものが売っていたので、長い行列に加わり買ってみました。500円。

007

いやはや、直火であぶった肉ってなんでこんなにおいしいんでしょうね。もしかして羊かな?と思ったけど、違う気がしたので、祭りのスタッフっぽいクルドの人に訊いてみたら、牛なんだそうです。タレに味の素使ってるから、おいしいでしょ?と、いわれちゃいました(笑)。完全に埼玉県人の味覚ですね!

しかし、その方から、クルドのこと、知ってくださいと、DVDを渡されました。クルド語ですが、とのこと。惨状を知ってください、とまっすぐに、目をみつめられました。

家に帰って見ました。石でできた町が爆破され吹き上がるさま、怪我人への医療、食べ物の配給のこと、難民キャンプのようすなど。英語の吹き替えもあったし、なにより映像でみればわかります。
Rojavaというシリアにある地域のこと…。

ネットで探したらその映像あったんですけど、インタビューはクルド語、ナレーションはデンマーク語に訳されてます。
https://www.facebook.com/836439936379604/videos/1116383048385290/

いろんな新聞社の人、みかけましたけど、朝日の記事が踏み込んでいたので、リンクはっておきます。

ワラビスタンの18歳、大学に受かっても…就労に高い壁
一家は難民とは認められず、昨年末からは、本来は不法滞在者扱いだが一時的に身柄を拘束されない『仮放免』という立場
http://www.asahi.com/articles/ASJ3N4VSRJ3NUHBI00S.html

まず行ってみて、自分の目でみて耳できいてみたかったので、クルドのことなんも調べずに、とびこんでしまいました。おなじ埼玉に住むものとして、仲良くしたいし、もっとよく知りたいなーと切に思いました。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>