4月 282018
 

teaparty
『オバケダイガクの狭山茶を摘んではじめて紅茶を作ったら楽しかったの会』略して『オ紅茶の会』
5月27日(日)18:30〜 一軒家カフェikkA(東京都墨田区向島3-6-5/半蔵門線・浅草線 押上駅A3出口より徒歩10分)にて。一軒家カフェikkAブログはこちら
参加費:2000円(オリジナルお茶冊子&お茶羊羹&緑茶、ほうじ茶つき)
・狭山茶を摘んで紅茶にしてみた話(オ紅茶試飲):ゲストあり
・茶畑別お茶羊羹の食べくらべ(ikkAちえさんセレクトの緑茶、ほうじ茶とともに)
・「湯のみ」の語源を発見した話(浄瑠璃と関係が?):ゲストあり
・民謡「お茶々づくし」をきいてみよう
★ikkA特製のお茶漬け(500円)を予約にて承ります。

昨年の春に埼玉の茶業研究所で茶摘みをしました。ここは一年に一度、茶摘みの体験ができるんです。はえでてきたばっかりのお茶の葉の芽の感触、におい、色、かたち。そしてそれを加工する楽しみについて、一緒に茶摘みに行った友人を交えてお伝えしたいと思います。

そして、茶畑別お茶羊羹、とは?狭山茶の主な産地、埼玉の入間市では、伝統的に生産から加工、販売までを自社で行っているお店が多いのです。つまり茶畑で育てるところからはじまり、製茶、そしてそれぞれに販売店もあるということ。昨年、茶業研究所にいったとき、お茶羊羹を買ってみたら、とってもおいしかったので、先輩にきいたところ、販売店ごとにオリジナルの茶葉でつくってるよ、とのこと。これはローラー作戦で集めて食べ比べてみたい!と思いたったのでやってみます。

お茶を飲む器。なぜ湯のみっていうのかな?その語源はどうも浄瑠璃にあるようなのです。お茶やその周辺の文化に詳しい先輩を呼んできいてみることにいたします。

※ご参加くださるかたはご予約をお願いします。
件名「5/27イベント」として、obakedaigaku@gmail.comまでメールにてお申し込みください。
参加費とは別料金でお茶漬け(500円)のご予約も承ります。
お腹すきそうだな〜というかたは、お茶漬けのご予約もどうぞ。

お店の地図はこちらです→https://goo.gl/maps/p5zazaL2SxE2

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>